ヘルペスを完治させるならやっぱりバルトレックス

抗生物質
ヘルペス感染症の治療には、バラシクロビルを主成分とするバルトレックスなどのDNAポリメラーゼ阻害効果を有する抗ウイルス薬の服用が有効とされ、バルトレックスをより早く飲むほど症状が軽く完治までの治療期間が短くなります。
バルトレックスは、他の抗生物質と同じ様に完治する前に自己判断で勝手に抗ウイルス薬の服用を中断すると、症状の再発や薬剤耐性獲得などを引き起こしてしまうので、しっかりと医師が決めた期間継続服用する必要があります。

ヘルペス感染症の治療は、薬剤耐性の獲得や症状の再発を予防する為以外にも他の抗生物質と同様に処方されたバルトレックスを飲み切る必要があります。
ヘルペス感染症は、感染者の細胞脂質から形成される2重の膜であるエンベロープをまとっている事から感染者の細胞と親和性が非常に高く、医薬効果や免疫力が高い時には神経節の奥深くに潜伏し休眠状態になってしまい完全に死滅させる事が出来ないので、自己判断で服用を中断する事無く処方されたバルトレックスを飲み切り完全な休眠状態に追い込む必要があり、早く飲むほど短期間で休眠状態に追い込む事が出来ます。

ヘルペス感染症の治療は、従来の抗ウイルス薬では1日に5回程度の服用方法が一般的でしたが、バルトレックスはアシクロビルに必須アミノ酸のバリンをエステル結合させたバラシクロビルを主成分とする事で生物学的利用能や医薬効果の持続時間などを向上させ、従来の治療薬以上の医薬効果を維持しつつ1日の服用回数を1回~3回まで減少させている事からヘルペス感染症の治療に用いている医療機関が大半を占めています。

バルトレックスは、医薬効果の高さや服用回数の少なさ以外にも神経節の奥深くに潜伏する休眠状態の病原に対しても同じ抗ウイルス薬よりも高い医薬効果を発揮するとされ、再発抑制治療にも用いられています。
服用方法は、バラシクロビル力量500mgのバルトレックスを1日1回の服用を2カ月~最大12カ月継続します。
バルトレックスは、既に発症している症状の緩和及び完治だけで無く、再発自体も抑制する事が出来る事からヘルペス治療にはバルトレックスが第1選択薬に選ばれています。

補足情報

バラシクロビルの詳細情報はここから

ヘルペスは日本人の多くが感染している

ヘルペス感染症は、日本人の約70%~約80%が感染しているとされ、年代が高齢になる程感染率が高くなっています。
ヘルペス感染症は、性行為感染症のイメージが定着していますが、幼少期に罹患する水疱瘡もヘルペス感染症の1種とされ、多くの人が水疱瘡によってヘルペス感染症に感染しています。
ヘルペス感染症は、現在の抗ウイルス薬では体内の病原を完全に死滅させる事が出来無いので、1度感染すると一生涯体内に病原を保有する事になります。

ヘルペス感染症は、1度感染すると一生涯体内に病原を保有するとキャリアとなるだけで無く、体内に病原が潜伏感染しているので免疫力が著しく低下すると再発し、人によっては1年に6回以上再発を繰り返す事から日和見疾患とも呼ばれています。
性器ヘルペスは、免疫細胞を破壊し免疫力を低下させるHIVへの感染リスクを数倍に高めると共に日和見疾患である事から、AIDSの発症診断の指標となる23の疾患の1つとされています。

ヘルペス感染症は、口腔内や口唇周辺、性器などに発症している水疱や潰瘍への接触による感染が多い事から成人の感染症のイメージもありますが、ヘルペス感染症の既往歴のある両親から子供への食物の口移しや子供への頬ずりなどでも子供に感染するケースが多く、実際に成人と同様に子供の口腔内や口唇周辺、指先などが赤く腫れ水疱や潰瘍が発症します。

ヘルペス感染症は、皮膚の表面の免疫機構を崩壊させるアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を持つ子供は特に感染リスクが高くなりますが、近年では水痘の定期接種の実施などにより出産適齢期の20代~30代の男女のヘルペス感染症の感染率が50%を下回り更に減少傾向にあるので、日本人のヘルペス感染者は緩やかな減少傾向にあります。